TOP > コンサルティング > ISO22000
商品安全に対する信頼を高めたい ISO22000
ISO22000とはコンサルティングの特徴スケジュールQ&A

ISO22000・コンサルティング

ISO22000認証取得はもちろん、ISOはあくまでも経営のツールであるという考え方に基づき、機会失損の低減や人材育成に寄与するマネジメントシステムの構築・運用をご支援します。

ISO22000やHACCPに関して情報を掲載した
ブログはこちら
ISO22000・HACCPブログ
ISO22000の規格が良く分かる!ISO22000規格の解釈 1000円にて販売中
ISO22000の規格要求事項に対して、1つずつわかりやすく解釈をしたものです。代引きにて1000円で提供しています。
  ISO14001

今すぐ申し込む
line
ISO22000の規格が良く分かる!無料進呈中!食品安全マネジメントシステムの効果的構築法とISO22000の概要レポート無料進呈中!
■ISO22000の構築と取得において、特徴的となる柱を以下の6つの点について解説します。

1)一般的衛生管理の構築
2)危害分析
3)食品安全マネジメントシステムの構築
4)運用
5)内部監査
6)審査機関による現地審査
  ISO14001

今すぐ申し込む
line
なるほど、こうすればよかった!食品安全の管理術セミナーISO22000の構築を土台に食品危害を防ぐセミナー収録DVDを5000円にて販売中
2006年5月19日西日本産業創造器械展inマリンメッセ福岡で開催した「ISO22000のセミナー」を収録したDVDです。定員80名に対して、定員オーバーで32人の方の入場をお断りした好評のセミナー。収録時間は、75分。セミナー資料と一緒にお送り致します。 代引きにて5,000円で提供しています。

【セミナーの内容】

1)ISO22000が与える影響
2)ISO22000の趣旨
3)ISO22000における3つの特徴
4)ISO22000の要求事項
5)前提条件プログラム(PRP)とは
6)PRPイメージ
7)オペレーションPRP(O-PRP)
8)HACCPとは
9)HACCPの7原則と12手順
10)真の食品安全につながるFSMS
11)ハードかソフトか?
12)PRP構築を教育の機会と考える
13)FSMSと組織力強化
14)FSMSと営業力強化
15)組織活性化を意図したプロジェクトの進め方
16)ISO22000認証取得までのおすすめステップ
  食品安全の管理術セミナーDVD

今すぐ申し込む
line

ISO22000とは

ISO22000とはISO22000はISO(国際標準化機構)が制定した食品安全マネジメント・システム(FSMS)の世界共通の規格であり、HACCP手法を用いた衛生管理を要求しています。ISO22000の取得により食品安全に関する信頼性が高まり、食品安全のレベルが強化されます。
line

当社のコンサルティングの特徴

img
○業界トップクラスの実績
ISOコンサルティングについては、九州・中国地方を中心に大手企業様から中小企業様まで300社を超えるご支援をしております。ISO22000受審準備を完了した企業様もございます。
○食品安全の専門チームを配置
食品安全サポートを確実にするために、農学博士など専門コンサルタントを配置したチームを編成しております。又、各分野に専門家と連携してご支援する体制を整えております。
○経営を考えた最適なマネジメントシステム
使いやすいシステムであることはもちろん、ISOはあくまでも経営のツールであるという考え方に基づき、機会損失の低減や人材育成に寄与するマネジメントシステムの構築・運用をご支援しております。
○サンプル文書をデータでご提供
ISO22000に適合したサンプル文書をデータでご提供します。プロジェクトメンバーの工数合理化に効果を発揮します。
○合格までの請負契約
現状分析をもとにコンサルタントに必要な工数を積算し、合格までの請負金額を見積りいたします。コンサルタントの工数増加の場合も追加のご請求はありません。
○社内に食品安全管理のプロを育成
コンサルティング期間を通じて、御社のプロジェクトメンバーをISO22000に必要な人材に育成いたします。
○無料アフターサービス
ISO22000取得後のご相談は、電話・FAXなどのQ&Aについて無料で対応いたします。
お問合せ
line

ISO22000取得までのスケジュール

ISO22000取得までのスケジュールお問合せ
line

レポート ・DVD

○レポート(無料) 食品安全とFSMS〜ISO22000公布を受けて〜
食品安全マネジメントシステムの効果的構築法とISO22000の概要を判りやすく解説したレポートです。
○レポート(1,000円) ISO22000の規格が良く分かる!ISO22000規格の解釈
ISO22000の規格要求事項に対して、1つずつわかりやすく解釈をしたものです。代引きにて1000円で提供しています。
○セミナー収録DVD(5,000円) 食品安全の管理術セミナー!
2006年5月19日西日本産業創造器械展inマリンメッセ福岡で開催した「ISO22000のセミナー」を収録したDVDです。定員80名に対して、定員オーバーで32人の方の入場をお断りした好評のセミナー。収録時間は、75分。セミナー資料と一緒にお送り致します。代引きにて5,000円で提供しています。
お問合せ・お申込み

line

よくあるご質問(ISO22000)

Q1 ISO22000はどんな業界で取得が可能ですか?
A1 食品製造業以外に、農業・漁業・食品加工・給食・保管・運送・食品添加物・機械設備など、食品サプライチェーンに属する組織は全て審査を受ける事ができます。
Q2 ISO22000の審査はいつから受ける事ができますか?
A2 ISO22000は2005年9月に交付され、現在認証機関で審査のルールなどが検討されている段階です。審査機関へのヒアリングにより、審査可能な時期は2005年12月から2006年3月くらいであると思われます。
Q3 ISO22000に取組んできる企業はありますか?
A3 ISO22000のFDIS(最終原案)で審査機関の審査を終了している企業や正式審査を待っている企業も存在します。2005年9月に国際規格交付により、プロジェクトをスタートする企業も多いと思われます。食品サプライチェーンの全ての企業で取組むとは思えませんが、優良企業を中心に取り組みが加速するものと思われます。
Q4 HACCPとISO22000の違いは何ですか?
A4 HACCPは衛生管理手法のひとつです。これまでHACCPの本格的な国際規格は存在しませんでした。厚生労働省のHACCP認証は対象製品が限られ、SFQなどの国際規格や審査機関独自のHACCP認証はありましたが、本当の意味の国際規格とは言いにくいものでした。ISO22000はISO(国際標準化機構)によってはじめて国際規格化された、HACCP手法を用いた食品安全マネジメントシステム規格といってよいでしょう。
Q5 ISO22000の取得のためには設備投資が必要ですか?
A5 必ずしも設備投資が必要とは言えません。又経済的に可能な投資で食品安全のレベルが高まる場合は投資すべきでしょう。目的は食品の安全な供給ですから、まずは一般衛生管理の状態が好ましい状態かどうか、問題を解決するのに人によるソフトで解決するかハードで解決するかを考える事が重要です。弊社の無料衛生診断をお受け頂ければ明確なご回答が可能です。
Q6 ISO22000の取得で業務の負担は増えますか?
A6 現在の衛生管理水準や記録採取の状況によりますが、業務負担の増加はなるべく許容範囲となるよう食品安全マネジメントシステムを組み立てるべきだと考えます。現状の管理状態をお教え頂ければ明確なご回答が可能です。
Q7 ISO9001とISO22000の違いは何ですか?
A7 ISO9001は顧客満足や品質保証が対象となり、ISO22000は食品安全が対象となり、HACCP手法の活用を要求されます。顧客満足全体をマネジメントしたい場合はISO9001、即品安全に特化してマネジメントしたい場合はISO22000という選択になります。業態や顧客企業の要望も考慮して判断されるべきかと思います。
Q8 ISO22000では必ずHACCPを導入しないといけないのですか?
A8 一般衛生管理が充実する事で、危害点が全くないかごく限られる場合もあります。その場合はHACCP導入は不要又は限定的導入という判断もあります。但し、何故HACCPが不要かという証明の記載は必要となります。
Q9 プロジェクトメンバーはどのように選定すべきですか?
A9 各部門の業務内容を把握している方のプロジェクト形式が最も好ましいと思います。事務局をおいて文書作成をする場合も、部門責任者などと良く吟味して行わないと実体とGAPが生まれ、使えないルールになってしまいます。
Q10 審査料はどの位かかるのですか?
A10 業種や従業員数・事業所数などで異なりますので詳しくはお問合せ下さい。業種・規模などで審査する日数が決められており、一日あたりの審査料は審査機関により若干の差があります。最近では審査員の交通費請求にも若干差が出る傾向にあります。
Q11 どのような審査機関を選ぶべきですか?
A11 ISO22000は全ての審査機関が審査しているわけではありません。認定機関の認定を受けた審査機関であることは当然です。その他、経営が安定していること(ある程度の認証数があること)、ISOのルールを適正に遵守していることなどがポイントです。例えば、コンサルタント会社と必要以上の関係を持ったり、認定機関(審査機関の監督機関)のルールギリギリのことを行っている審査機関は好ましくないと思います。コストの面もありますので、見積りとヒアリングをして判断すべきだと思います。詳しくはお問合せ下さい。
Q12 コンサルタント料はどの位かかるのですか?
A12 当社は合格まで責任を持つ、請負契約制度を導入しております。組織規模や事業所数、食品安全管理の水準によりますが、実績として250万円から400万円で請け負わせて頂いております。コンサルタント料は、コンサルタントの「所用工数に時間単価をかけた計算」になり又「クォリティの差」もありますので、総額では比較できない面があります。当社では全て所要工数をオープンにしてお見積りいたします。是非お見積りをご希望下さい。
Q13 コンサルタントを依頼すれば確実に合格できるのですか?
A13 弊社では合理的なご支援をし、合格までトータルサポートをさせて頂いておりますので、ご心配ありません。
Q8 プロジェクトメンバーの時間的負担はどの位ですか?
A14 月2回程度のミーティングの開催をお願いします。毎回のミーティング後、文書作成等の作業をお願いします。
Q15 どのようなコンサルティングをしてもらえるのですか?
A15 調査・教育・文書化支援・内部監査やマネジメントレビューの支援など、ISO22000認定取得までに必要な全ての活動を含みます。
Q16 アフターサービスはどうなっていますか?
A16 電話・メールなどによるQ&Aで無料サポートしております。

お問合せ
皆様からのご質問をお受付いたします。

line
マネジメント研究所株式会社 マネジメント研究所
福岡県福岡市中央区平尾1-7-4-502

Copyright (c) 2005-2006 MANAGEMENT LABORATORY.CO,.LTD. All rights reserved.